防風通聖散のメーカー比較!ツムラVS生漢煎!どっちがおすすめ?

防風通聖散は生漢煎以外にもさまざまな製薬会社などから販売されています♪
漢方薬の販売会社として有名なツムラでも勿論取り扱っていますが、生漢煎とツムラの防風通聖散にはどのような違いがあるのでしょうか。

 

そこで、それぞれの会社について・それぞれの防風通聖散の価格・口コミなどを詳しく調べた結果を紹介したいと思いますので、どこの会社の防風通聖散を購入しようか迷っている方はぜひ参考にしてみてくださいね。
生漢煎7

ツムラの防風通聖散について徹底解説!

 

防風通聖散を取り扱っているツムラについてさまざまな情報を調べた結果は以下です♪

ツムラ

ツムラは漢方専門の会社で売上高は1,126億円、そのうちの95%が医薬用漢方製剤の売り上げだと言われています!

 

従業員が日本以外も含めて3242名も在職し、創業は1893年にまでさかのぼり市場の80%以上のシェアを占めています。
ツムラで販売している防風通聖散に特徴は、18種類の生薬の働きにより便秘・肥満症・吹き出物・肩こり・むくみ・蓄膿症などに効果があると言われています。

 

価格は、24包入りが2,500円、32包入りが5,500円(共に税別)となっており、年齢によって量は違いますが一日2回の服用となっています。

 

参考のために、実際に試してみた人からの口コミも紹介させて頂きます。

 

15歳女性  
食事の30分くらい前に飲むだけで昔から悩んでいた便秘が解消されます。
今では下剤は使わずに済んでいます。

29歳女性 
病院勤めの母親から頻繁に送られてきます!便秘に効くなんて知らなかったので、全然使用していなかったのですが使ってみたら凄く良いです!今では毎日使用しています。

54歳女性  
酷い便秘だったので病院で処方してもらって試してみたのですが、5回ほど飲んで便秘が解消されて本当に感謝しています。

※一部省略しています

 

ツムラの防風通聖散は肥満症や吹き出物などにも効果があるといわれていますが、試してみた人の多くは便秘の解消を目的としており、ほとんどの方が効果を実感しています!

 

生漢煎の防風通聖散について

 

生漢煎でも防風通聖散を販売していますので特徴を詳しく紹介したいと思います。

生漢煎

生漢煎は「株式会社アインホールディングス」という、調剤薬局やドラッグストアの経営などを多く手掛ける会社で販売されています。
東証一部礼証している会社で、売上高は2,348億円といわれ従業員数は8555人だと言われています。
創業は1969年のとても歴史の長い会社なのです!

 

生漢煎の防風通聖散の特徴は、肥満・高血圧・便秘・肩こり・吹き出物・むくみなどの効果的だと言われている18種類もの生薬を配合しています。

 

特にお腹周りの余分な脂肪を分解して燃焼し排出させる効果を期待できるため、肥満症対策として病院でも多く処方されています。

原生薬を一日分に27.1g配合した満量処方という点がおすすめポイントです!

服用方法は、一日3回食前や食間に1包となっており、15歳未満は服用が禁止されています。

 

価格は、通常価格が30日分90包入りで7,800円(税抜)となっていますが、公式サイト内で利用できる定期コースなら、初回分限定で3,900円(税抜)となります!

そして、2回目以降のお届けも大幅な割引価格で購入することができるようになっていますし、毎回送料も無料となります。
定期コースならわざわざ注文する手間も省けますので、気になる方は公式サイトをご覧になってみてくださいね。
購入に迷っている方の参考になるように、実際の愛用者の方の口コミを厳選して紹介したいと思います♪

 

25歳女性  
まだ飲み始めて1ヶ月程度ですが、便秘が解消して体重も少し減りました!しかし、運動も始めているので防風通聖散の効果かどうかは分かりまんので、しばらく続けてみるつもりです。

40歳女性
飲み始めて3ヶ月目になりますが、ウオーキングも取り入れたおかげかお腹周りがかなりスッキリしてきました!体重は3キロ程度しか落ちていないので、もう少し続けてみたいと思っています。

42歳男性
まだ短期間しか飲んでいませんが、お腹はかなり緩くなります。市販薬に比べると保険適用で安いので、病院で処方して飲もうとお思います。

※一部省略しています

 

生漢煎の防風通聖散も試した人の多くは頑固な便が解消したなどの効果を述べています。
しかし、ツムラとは違い15歳未満は服用禁止になっているので誤って服用しないように注意してくださいね。

 

ツムラと生漢煎の防風通聖散の価格を比較!

 

ツムラと生漢煎の防風通聖散は効果や成分はほぼ同じなのですが、価格には大きな差があります。
しかし、ツムラの場合年齢によって量は違いますが服用回数が一日2回で、生漢煎の場合は一日3回と決まっていますので、比べるのは結構難しいと思います。

 

ただ、ツムラの防風通聖散を30日分でおおよその金額を出しますと、約11,000円程度になると思いますので、お得なのは生漢煎の防風通聖散の方だと思います♪

 

また、生漢煎の防風通聖散なら定期コースの利用によってよりお得になるので、価格の安さで選ぶなら断然生漢煎の防風通聖散でしょう。

 

まとめ

 

ツムラと生漢煎の防風通聖散はどちらが自分に合っているのか悩んでしまう方は多いはずです。
もし、服用する方が15歳以下の方の場合服用できるのはツムラのみとなりますし、成人の場合でも一日の服用数が2包なので、できるだけ飲む回数を減らしたい方はツムラの方が合っていると思います。

 

しかし、やはり価格が安く買いに行く手間も省きたいと思う方は生漢煎の防風通聖散の方が合っているのではないでしょうか。

 

肥満症や便秘に悩んでいる方は、どちらの防風通聖散を購入するかしっかりと考えてできるだけ継続して服用するようにしてみてくださいね。